深田恭子が降板した新ドラマは何?フジテレビ2021年7月期ドラマ?代役の女優は?

深キョンの愛称で親しまれている女優の深田恭子さんが、適応障害を理由に当面の芸能活動の休止を発表されました。

芸能活動の休止発表の数日前には都内で行われたイベントで姿を見せていただけに、この発表には驚いた人がかなりいるみたいです。

SNSやニュースのコメント欄で深田恭子さんを心配する書き込みであふれていました。

 

今回は、そんな深田恭子さんが降板したフジテレビ2021年7月期ドラマについて、現段階で分かっている情報をまとめてみました。

 

深田恭子さんが降板したフジテレビ2021年7月期ドラマとは?

7月まではあとわずか1か月。

このタイミングでのドラマの降板は、深田恭子さんの体調の悪化が相当ひどかったんでしょうね…。

ゆっくり休養されて、また元気な姿を見せて欲しいものです。

 

さて、気になるのは深田恭子さんが降板したフジテレビ2021年7月期ドラマ。

ネットでも、気になる人が多いようです。

 


それもそのはず、ニュースでは、そのドラマの名前やどんな役柄なのかは発表されていないからです。

 

  • フジテレビのホームページでも発表されていない
  • 深田恭子さんが所属するホリプロでも告知されていない

これだけじゃ情報がなさすぎるので、色々と調べてみたところ…フジテレビ関係者のコメントを発見。

分かった情報をまとめてみると…

 

  • フジテレビ2021年7月期ドラマ
  • 深田恭子さんは主演予定だった
  • 内容は、深田恭子さんをイメージして作られたものだった
  • クランクインまであと10日ほどだった
  • 放送予定はフジテレビの木曜日22時枠。通称「木10(モクジュー)」

とのことでした。

 

フジテレビはこれまで深田恭子さんを木曜日22時枠で、2018年に放映された『隣の家族は青く見える』から3年連続で主演を務めていました。

また、昨年と一昨年には深田恭子さん主演でヒットした『ルパンの娘』シリーズが放送されていましたね。

『ルパンの娘』シリーズについては、ストーリーが面白いのはもちろんのこと、深田恭子さんの魅力も引き出されていたこともあり、世間からの評価もかなり高かったです。

 

今年はもちろんのこと、来年、再来年も深田恭子さんを起用しようと思っていたかもしれません。

 

深田恭子さんが降板したフジテレビ2021年7月期ドラマの代役は?

次に注目したいのは、今回のドラマの代役はどうなるのか?ということ。

クランクイン10日ってことは、放送枠やシナリオはもちろんのこと、他の出演者の調整などの撮影準備もすでに整っているはず。

 

現在のところ、深田恭子さんの代役については発表されていません

ほとんどのニュースでは、深田恭子さんがフジテレビ2021年7月期ドラマを降板することしか記載されていませんでした。

どんなドラマだったのか?どんな役だったのか?放送枠は?などの情報も公開されていないことから、代役の情報も明かされていません。

ドラマ内容が、深田恭子さんをイメージして作られたものだったことと、クランクインまで10日ということを考えると代役を立てるのは難しいのではないかと思います。

 

最悪、お蔵入り…も考えられる今回のドラマ。

個人的にではありますが、出来れば元気になって戻ってきた深田恭子さんが演じて欲しい気持ちでいっぱいです。

 

最近の深田恭子さんの様子は?

今回のフジテレビ2021年7月期ドラマ降板のニュースは、2021年5月26日に発表されました。

 

実は発表の2日前の2021年5月24日には、イベントに登場して元気な姿を見せていました。

キリンビバレッジの午後の紅茶 いちご午後ティーの発表会に出演した深田恭子さん。

リモートで出演したくまモンに笑顔で話しかけるなど、いつも通りの姿を見せていました。

 

…が、既にこの時から異変は起きていたようです。

以前よりもかなり痩せてしまっていて、少し元気のない声。

イベント冒頭では声がかすれてしまっていたり、試食用のいちごを机の上に落としてしまうアクシデントも。

SNS上でも異変に気付いていた人が多くいたようです。

 

深田恭子さんの2021年7月期ドラマ降板のニュースネットでの反応は?

深田恭子さんの適応障害でのフジテレビ2021年7月期ドラマ降板のニュースを受けて、ネットでは深田恭子さんを心配する声で溢れました。

SNSはもちろんのこと、ニュースのコメント欄にも書き込みが多くみられました。

 

適応障害は憂鬱な気持ちや不安感が強くなったり、神経が過敏になったり…と、気分や行動面に影響をきたす病気です。

うつ病にもつながりやすく、本人が努力治そうと思ってもどうにもならない…むしろ悪化すらしてしまう危険性もあります。

芸能界では気を遣ったり、多少なりとも無理をしないといけない場面も多いでしょうし、心からゆっくりと休む機会も少ないかもしれません。

1996年に芸能界入りをして一線を駆け抜けてきた深田恭子さん。

今はゆっくりと体や心を休めてもらって、また元気な姿を見せて欲しいですね。